発毛すればモテるはず

薬品の力でリダクターゼを抑えて発毛を実現

男性の主要な薄毛の要因になるのが男性型脱毛症。通称、AGAのこの脱毛症はリダクターゼという酵素が根本的な原因になっていると言われています。
リダクターゼが男性ホルモンのテストストロンと結合することでDHTという物質に変換されますが、DHTが増加することによってAGAの脱毛原因となってしまうのです。つまりリダクターゼを抑制することが発毛を実現する為の要になってくると言えるでしょう。
リダクターゼを抑制する方法ですが、医学的にも効果が確認されている方法としては専用の薬品を用いるやり方があります。代表的な薬品としてはプロペシアが挙げられますが、この薬が含む成分の働きによってリダクターゼの分泌を抑制することができるのです。そしてDHTの量を抑えることもでき、脱毛を予防しつつさらには発毛し易い環境へと改善していくことが可能です。
ところが程度によってはプロペシアのみでの改善は難しいことがあります。特に全体的に薄毛になっている場合ですと、脱毛作用の方が強い為にプロペシアのみですと効き目が低くなってしまうことがあるのです。また、プロペシアはリダクターゼを抑制する作用こそあるものの、発毛させる成分は含んでいませんので力不足になることもままあります。
プロペシアのみでの改善が難しい時にはミノキシジルといった強力な発毛作用を持つ薬品を併用するのが効果的です。ミノキシジルには血管を拡げて発毛を力強く促す作用がある為、プロペシアと併用することによって相乗効果で効果的に発毛を実現することができるのです。ですから軽めの症状ならばプロペシアのみでも回復ができることもありますが、症状が重いようならミノキシジルの併用も考えてみた方が良いでしょう。