発毛すればモテるはず

発毛すればモテるはず

なぜ俺はいつも友だち止まりなんだ。優しくておもしろいと褒められるし、仲良くなることはできるのに何故かいつもそこから発展しない。街でショーウィンドウに映った自分を見たとき、気が付いた。そうか、俺がモテない原因は頭だ。発毛すればきっとモテる!

発毛ってどうやるの?

自宅で発毛をさせるなら、シャンプー、コンディショナー、育毛剤、マッサージなどが一般的な対策となります。
これらで対策をしっかり行なえば抜け毛は減少し、ヘアサイクルは正常化するでしょう。
ヘアサイクルの乱れが抜け毛を増やすため、まずは頭皮環境から改善していくことです。
シャンプーは育毛専用の低刺激タイプがよく、アミノ酸シャンプーを使用すれば間違いないでしょう。
髪の原料はアミノ酸であり、頭皮になじみやすいのが特徴です。
市販シャンプーの多くは格安ですが、石油系が多いので頭皮には刺激を与えやすいです。
頭皮環境が問題ないときはかまいませんが、すでに抜け毛が増えているならアミノ酸系に乗り換えるべきでしょう。
コンディショナーは皮脂を増やすから使用しないという方がいますが、使用しないと逆に皮脂が増えます。
皮脂を適量に調整するコツは、コンディショナーで油分を与えることです。
乾燥した状態が継続すると、ヌルヌルとした粘度の高い皮脂が分泌されるようになります。
皮脂量を抑えるためにもシャンプー後のコンディショナーは必ず使いましょう。
育毛剤は抜け毛が多い状態を解消するのに役立ちます。
より高い効果を期待する方は発毛剤がおすすめですが、副作用も強くなるので薬剤師や登録販売者に相談してから購入するのがいいでしょう。
発毛剤の多くは男性用となっており、女性用の商品は非常に少ないです。
マッサージは1日3~5分程度行うと毛母細胞を元気にし、抜け毛も減らしてくれます。
マッサージでは頭皮を指圧しますが、指圧よりも回転マッサージのほうが指への負担は軽くなります。
頭皮を柔軟にすれば血行もよくなり、育毛剤や発毛剤の浸透性も高まります。
必ず洗髪後の清潔な頭皮の状態でマッサージを行ってください。

発毛に効く薬とは

薄毛に悩む人は市販の育毛剤や発毛剤などを購入したり薄毛の改善に効果のある方法を試しているかと思われますが、AGAの専門クリニックなどで処方してもらう薬などにも発毛に効果のある薬があります。
一般的に発毛医薬品と呼ばれるものは、薄毛の進行を抑制し、発毛を促進するAGAの抑制効果があることを目的として医学的に開発された発毛薬です。
発毛に効果のある薬として有効なのは血管拡張作用によりその効果を発揮するミノキシジル成分が配合された薬です。
ロニテンやミノキシジルタブレットと呼ばれることもあるノキシジル、ロゲインなどがあり、その他のAGA医薬品としてはフィナステリドとミノキシジルの作用を組み合わせて相乗効果を期待するスカルプアルファやブラックポムトン、女性用に体質に合わせて改良された育毛薬であるパントガールやパントスチンなどがあります。
ただ、これらの薬は発毛は期待できても薄毛の進行を抑制してくれる効果は期待できないため、同時にAGA抑制作用のある薬を併用することをおすすめします。
薄毛の進行抑制を目的とする薬としては、プロペシアやフィンペシアが挙げられます。
プロペシアは、AGAの原因の一つであるDHTを5αーリダクターゼ還元酵素を妨げることで薄毛の進行を抑制する作用があるもので、主に前頭部や頭頂部に存在する2型5αーリダクターゼの抑制に効果が期待できます。
しかし、後頭部などにも存在するとされる1型の5αーリダクターゼの影響でAGAが進行する場合には、1型にも2型の抑制作用があるアボダードやデュプロストなどがあります。
これらの薬の一部は、ネット通販で海外から個人輸入して購入できるものもありますが、もし初めて使用する場合にはやはりAGA専門クリニックに受診して薄毛の進行状態などを見極めてもらってから通販で購入できる同じ薬があれば試してみることが望ましいといえます。

発毛する時に気を付けたい「ストレス」

発毛においてストレスは大敵なので、極力避けるように工夫しましょう。
仕事をしている方の場合、ストレスの8割は仕事絡みだと言われています。
気持ちを前向きに持って、細かいことを気にしない図太さも必要でしょう。
A型は薄毛が多いと言われていますが、これは完璧主義者で神経質な性格の方が多いからです。
細かことを気にするとストレスが溜まり、解消するのが難しくなります。
当然のことながら、溜めるストレスが少ないほど解消するのも楽になります。
ストレスが溜まっていると、髪が生えにくくなることがわかっています。
発毛を促進するためには、毎日ゆっくりと入浴してストレスを解消することです。
シャワーだけでは疲れが取れませんし、ストレスも解消できません。
身体を温めることで副交感神経を優位にし、毛母細胞を活性化させることができるのです。
ただし、熱いお風呂を好む方は交感神経を優位にさせるので注意しましょう。
ぬるま湯に20分程度かけてゆっくりと浸かることで、身体の芯から温まってストレスも解消できます。
冷えはストレスを増幅させるため、冷え性や低体温の方は温浴対策が必要でしょう。
定期的に岩盤浴を行なえば、より効率的に身体を温めて毒素排出もできます。
ストレス解消のためには、睡眠リズムを整えることも大切です。
発毛のためにはターンオーバーの活性化が必須であり、そのためには早めに眠るべきなのです。
毛母細胞を元気にさせるためには、遅くても夜10時には眠りたいものです。
実際は入眠までにかかる時間もあるため、9時30分くらいには床に入るようにしましょう。
睡眠時間は多めに確保すると髪によいので、8時間30分以上を目標にするといいです。
ストレスが原因の薄毛の多くは、睡眠リズムを改善することで軽減します。